「♀観察手帳その12」

信号で車を停車させていると、前方から若い女性が自転車で走ってきた。
私が一番、興奮するオンナの姿は、スカートで自転車をこいでくるパターンだ。
足が綺麗で、容姿もマアマアなら年齢制限はない。
「ウチモモのチラリズム」は極上のエロだ。ワビサビの世界だなあ。
なのに、なのに、その20歳前後と思われるオンナは、超ミニスカートをはいていて、
スカートが骨盤のあたりまで、めくれ上がっていて、パンツ丸見えなんてもんじゃない。
開脚して自転車をこいでいるので恥骨の盛り上がりまで、はっきりと確認できるではないか。
パンストもはいていないので、生々しいったらありゃしねえぞ。
なんちゅう確信犯だ。露出狂だ。見せるワビサビを何と心得る。
とはいえ、鑑賞できたのは、たった2~3秒。こんな機会は4年に一度のワールドカップより
少ないかもしれない。
すぐに信号を左折し、彼女を追跡だ。先回りをして、車から降りて至近距離で鑑賞するのだ。
どっちに走っていったのか。こんなときの私の動物的なカンはすごい。
オンナの股間を目指すということは、オトコにとっては帰省本能だからな。
路地をめぐって、大通りにさしかかると、目の前をオンナの自転車が横切っていく。
おー、横から見てもパンツが見えている。正面から見たかったなあ。あーあ。
[PR]
by hatakeng | 2006-06-06 12:56 | オンナ


<< 「♀観察手帳その13」 「♀観察手帳その11」 >>