「♀観察手帳その11」

亀戸から総武線に乗り、乗車口の近くに立っていると、すぐ側にオンナも立っていた。
俺に背を向けて立ちやがって。そりゃ確かに、ヤラシイ視線はしてるし、顔は脂性だし、口臭はすごいし、って、ほっとけよ!
まあ、後ろからの方が、ネットリ観察できるからなあ。
もう、初夏です。ブラウス1枚でスケスケになって嬉しい季節ですなあ。
25歳とみた。中肉中背である。日本人の典型的なスタイルです。ここまではよかった。
問題はブラジャーだ。肩ヒモが、肩の肉にめりこみ、ブラジャーも背中の肉に食い込んでいるのだ。まず、心配になるのが「苦しくねえのかよ~」だ。俺だったら5分で発狂しているかもしれない。どれくらいキツイのか、ブラジャーと背中の間に指を入れて確認したい。血管が圧迫されて指先が真っ青になるだろうなあ。
間違いないのは、このオンナは、今日、このままカレシと会ってメシ食って、エッチするってことはないってこと。
これでブラジャー外したら、すごいぞ、そのアトが。肩と背中に溝ができて、水を流したら運河になるはずだ。
でも、ある意味、見てみてえなあ。ナンパして頼んでみようかな。
その夜は、それが気になって眠れなかった。「聞くはいっときの恥」お願いすればよかった。
[PR]
by hatakeng | 2006-05-24 16:20 | オンナ


<< 「♀観察手帳その12」 「♀観察手帳その10」 >>