「♀観察手帳その8」

半ケツを見る旅に出た。といっても、ただの散歩だが。
錦糸町のユニクロに行くと、18~19歳と思われるギャルが、しゃがんで品定めしている。
万引きをしたら、外でつかまえて、ホテルに連れ込み「他にも隠していないか服を脱げ。警察には黙っててやるから、わかってんだろうな。ウッシッシ」って、昔のウイークエンダーじゃあるまいし。アホクサ。
それよりも、股上の浅いジーパンのため、パンツが見えている。
一人は普通のベージュのパンティだから許せるが、おったまげたのはもう一人のネエチャン。
紫色で上の方にヒラヒラした布がついている。お前は娼婦か!
お顔はバージン面をしているのに、女の二面性を垣間見たようでたじろぐなあ。
仮に勝負パンツだとしても、ドギツすぎるではないか。宴会時に頭からかぶれば笑いは取れるだろうが。
さらに気になるのは、ブラジャーだ。こんなパンツをはいているギャルはどんなブラジャーをつけているのだ。清純派の真っ白だったら、少女と娼婦を一度に楽しめて、お得な気分になるだろう。本人に質問したくなるのは、人間として、まともだと思うが。
「おじさん、じゃあ、確かめてみる?大3枚でいいよ」ってなことになっても面倒だし。

5月7日まで休暇のためお休みさせていただきます。って誰もよんでないか。
[PR]
by hatakeng | 2006-05-02 09:47 | オンナ


<< 「♀観察手帳その9」 「♀観察手帳その7」 >>