「♀観察手帳その7」

昨夜、Y新聞社の敏腕記者2名と呑みに行った。
一軒目は東京駅の近くにある立ち飲み屋。さらにタクシーに乗り、某所の立ち飲み屋へ。
さすがに疲れて座りたくなり、2階の椅子がある店に移動する。
問題なのは、この店にいた店員だ。なんでこんな店に、こんなにイイ女がいるのだ。
敏腕記者2名は口角泡を飛ばして、わけのわからない話題に夢中。
私は、そのネエチャンが気になって酒どころではない。
160-80-56-82、といったところか。そのスレンダーさは、エビちゃんなみだぞ。
顔と化粧はトウシロではない。芸能界関係者だ。おそらくモデルだろう。
業界でも充分に通用する出で立ちだ。
うっとりしてしまうのは、その貧乳ぶり。いいなあ。手の平にスッポリおさまりそうだ。
脚も素晴らしい。太ももの内側が湾曲している。細さの証だ。
その女がオーダーをとりにきた。もうドキドキだ。私が某国の将軍様だったら、すぐに「喜び組」に召集して、その晩には「お夜伽」となるのだが。自分の無力さを痛感する。
敏腕オジサンたちは、また次の店に行こうと誘う。私はこの店で生活してもいいと思っているのに。少しは腰を落ち着けろ。
会計のため、レジで彼女が来るまで待つ。接触できる最後のチャンスだ。
「いらっしゃいませ。何人様ですか?」
お、おい、私の顔を覚えてくれていないのかよ。気を失うほどのショックだ。ああ…
[PR]
by hatakeng | 2006-04-28 11:46 | オンナ


<< 「♀観察手帳その8」 「♀観察手帳その6」 >>