楽生のおカミさんは美人だった!

b0021205_13323567.jpg

「先生、所帯を持ちましたので、ご挨拶にお伺いしたいのですが…」
芸人(特に落語家)から、このような連絡があったときは要注意なのです。
なぜかって、祝儀を用意しなければならないからです。
渡さなかったり、金額が少なかったりすると大変です。
「畠山のとこに行ったら、何にも出てこねえでやんの」
「3千円のケーキ買ってったのによ、祝儀が5千円だぜ」
などという情報が、尾ひれ背ひれをつけて業界を飛び回ります。
今回、新妻を連れて我が家を訪れた三遊亭楽生は要注意人物です。
絵に描いたような「お調子・3枚舌野郎」なわけです。
考えた末に、祝儀の金額は新妻によって決定することにしました。
美人でミニスカートなら特A。美人ならA。……Dランクまで用意しました。
玄関から入ってきた彼女は…、おーっ、Aランクやないけ!なんでミニスカートはいてこんのじゃ!
おまけに女医さんだってよ。何を好き好んでこんな野郎と結婚したのでしょうか?
祝儀はAランクにしたので今週、予定していたキャバクラ通いは中止になりました。
今日の一枚は、ウチのカッパ野郎と楽生夫妻です!
[PR]
by hatakeng | 2009-10-13 13:32


<< 正装で参拝! 野口英世記念館にて… >>